スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見上げた空におちていく

発売から結構時間たったので、今だから出来るような話とか、いろいろまとめて。

本編に関してはありがたい事にみあそら考察・資料Wiki作って戴けました!
本当によくまとまっていて、自分でもうれしい便利さです。

以下つれづれに。
ネタバレやら裏話は特になく、製作過程の感想文みたいな感じです。

 コレが本当の意味で、生まれてはじめて「オリジナル作品」を書いたので、なんと言うか初挑戦(数kbの掌編すら、それまでまったくなかった)にしては敷居高すぎた気がしないでもありません。
 リトロマの場合、既にキャラ設定やら世界観やら完璧に出来上がってましたし、ストーリー部分はノータッチなので。
 例えるなら「趣味で版権イラストを何となく書いてた人が、ある日突然連載すっ飛ばしてコミック数冊書き下ろすことになった」とかでしょうか。プロデューサーさん無茶しすぎです。いやホント。
 その割りに、ユキやアルの台詞とか、心音関連とかは幾つかのスレやサイトなどでネタに使って下さってる所もあり、グッズ化したりなど幸運に恵まれたと本気で思います。
 先日久々に行きつけの美容室行って髪の毛切ってきたら「いやー、白髪増えましたねー。ストレスですか?」としみじみ言われたのは無駄ではなかったと、本気で報われた気分でした(つ -`)

 戴いた感想はどれもじっくり読ませてもらっています。
 外注なのでメーカーへ送られたものは網羅できず抜けが多数あると思いますが、それでもプロデューサーの方が大まかに教えてくれました。
 ↑のWikiなどもその類ですね。聞いた時はホント驚きました。

 戴いたモノは掛け値なしの賞賛から、改良点、要望、厳しい点、不満など多種多様です。そして、そのどれもこれも自分の創作物の結果なので、ベッドにもぐりこんで毛布を被りながらも、それでも何度も見返してしまうような、怖さと嬉しさの両方があり、また参考になります。


 製作中の縛りは本当に多く、こう出来たらな……という思いは製作中から幾つもありました。
(特にヒロイン枠とサブキャラ枠は我侭言って増やしてもらって上限。それでいて「事件発生」「ミステリ」「大掛かりな立ち回り」が必須。ボツになった初期に考えていた事件(こちらは非鬱の内容)の急ぎ代案作成など頭を悩ませて自問自答しまくりでした。我侭がどこまでも許されるなら、秋乃さんが立ち絵つきで椋木家に住み込みに来るfragmentなども作りたかった……。
 この他シナリオ以外にもfragmentシステム考えたから入れたいとか、セーブデータを配信しよう等それ以外でも無茶も言いまくり&自分の首絞めまくりでした)

 作ってみて実感として思ったのですが、こういう製作の過程で誰しもこんな流れを繰り返し、それで我慢できなくなった時に独立や大掛かりなこと、あるいは別方向でチャレンジなどをしていくんだろうな、と思います。
 逃避というと違いますが、出来なかった悔いなどが次のアイディアや制作意欲として沈殿し、いつかは膨れ上がって収まりきらなくなって別の作品に溢れてくるんだろうと、そんな具合に。

 ありがたいことに、またゲームのシナリオ書けそうです。
 製作中の事を思い出すと、もういいかな……という気持ちもありますが、それでも本当にいいのかどうか、二度目もやってみないと判りませんし。
 またキャラ設定からなので相変わらず苦しむ期間に入りかけていますが、今度はもっといいモノが出来るよう、今回のを糧として頑張りたいです。

 発表は暫く先だと思いますが、また楽しんでくれる人が居てくれるといいなぁ。
関連記事
  • 告知

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桐月

Author:桐月
自サイトの日記になります。
トップページはこちら
メインの日記になってるTwitter

Twitter
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カウンター
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。